L’imperfetto dell’indicativo, spiegato in italiano e giapponese – Esempi, Audio e Quiz

Ci siamo accorti di non avere mai scritto un articolo in italiano e in giapponese sull’imperfetto dell’indicativo. Eccolo, con un quiz di livello avanzato. Ascolta gli esempi nel file audio

今回のブログは直説法半過去をイタリア語で解説しています。補足的にイタリア語解説の後に日本語訳をいれてるのでどうぞ参考にしてください。クイズの他に音声テキストもあるので聞いてください。


Spulciando tra i vecchi articoli del blog ci siamo accorti di una grave mancanza, piuttosto inspiegabile. Un po’ per pigrizia, un po’ perché spesso l’imperfetto viene considerato un argomento per principianti, non ho mai scritto due righe in italiano sul suo uso colloquiale. Provvediamo subito a colmare la lacuna.

過去のブログをチェックした際、何かが足りないことに気づきました。なぜかははっきり説明しきれませんがおそらく怠惰…それとも半過去という文法が初級で学習されることが多いことからか…。今まで口語的に使われる半過去についてイタリア語できちんと説明したことがなかったので今回はその大事な欠如をしっかりと埋めるために話し言葉も含めどのように半過去が使われるのか説明したいと思います。

Siccome state leggendo questa pagina in italiano senza problemi, diamo per scontato che conosciate gli usi principali dell’indicativo imperfetto. Non ci soffermeremo a lungo sulle basi. Vedremo insieme gli usi più discorsivi e quotidiani.

Cominciamo con la definizione.

こうして問題なくイタリア語でこのブログを読んでいるので皆さんには直説法半過去の基本的な用法については簡潔に説明します。半過去についての基礎的な内容ブログはこちらから、動詞の活用規則なども説明しています。
このブログでは半過去の口語的及び日常的な用法について見ていきましょう。

それでは半過去の定義について学んでいきましょう。

Vi siete mai chiesti perché l’imperfetto si chiami così? Se la risposta è no, chiariamo subito il dilemma. Ovviamente perché non è “perfetto”, non è completo, non ha un inizio o una fine precisi. Infatti, l’imperfetto ci serve per descrivere:

皆さんはなぜ半過去がこのように呼ばれるか考えたことはありますか? もし今までそんなことを考えも聞きもしなかったならそのジレンマを直ぐに解決しましょう。
言うまでもなく”完全ではない”、”完結していない”、そしてその動作の始まりと終わりがはっきりしていない過去なので『半過去』というのです。
半過去は下記のような過去を叙述するときに使われます。

  • un’azione già iniziata 既に開始されている動作

    Mentre guardavo la partita, sono arrivati i miei amici.

  • un’azione ripetuta nel passato 過去において反復的・習慣的に行われていた動作

    Si alzava spesso alle cinque del mattino.

  • una descrizione 過去においての状況・様態

    Il sole splendeva e tutti chiacchieravano allegramente.

  • una situazione interrotta 中断された状況

    Non vedevo Milano da un bel pezzo.

  • un’evento che non si è realizzato 実現しなかった出来事

    Per poco non cadevo.

  • l’imperfetto “di modestia” 謙虚さ・丁寧さを含んだ表現

    Volevo ordinare qualcosa da mangiare.

  • un passato irreale 架空の過去

    Se venivi alla festa, ti divertivi. (colloquiale 口語)
  • discorso indiretto/futuro nel passato 間接話法 / 過去における未来 

    Ha detto che arrivava alle cinque. (coll. 口語)

  • un futuro discusso nel passato  過去における未来を示す議論・確認

    A che ora volevi partire domani? (coll. 口語)

Tutti questi esempi sono usati nell’italiano quotidiano. Alcuni descrivono uno scenario reale, tipico dell’indicativo, sempre nell’ambito di una realtà incompleta, dalle coordinate incerte. Questa “incertezza” dell’imperfetto ci aiuta anche a rappresentare un mondo ipotetico, un fatto che non si è verificato, un futuro ancorato al passato

これらの例文の使い方は日常イタリア語で使われています。半過去は直説法ですので実際の出来事や事柄を客観的に述べています。ただ半過去というだけあって”不明確さ”ということもあり通常直説法ではない表現である仮定法の表現や過去における未来を示す条件法過去の代わりとして使われることがあるのです。

Spesso siamo al limite della grammatica corretta ma, siccome l’uso comune della lingua modifica la grammatica, le frasi che ho indicato come colloquiali sono perfettamente valide nella lingua di tutti i giorni.

正確な文法の使用には限度があり、言語の日常的な使い方は時に文法さえ修正していくことがあります。実際例文に示した口語的な使い方は日常会話で使われおり有効な言い回しとなっています。

La semplificazione di alcuni tempi complessi a favore dell’imperfetto è ormai consolidata. Per esempio, la frase corretta nell’esempio del “passato irreale” dovrebbe essere:

  • Se fossi venuta alla festa ti saresti divertita
  • Se venivi alla festa ti divertivi. (半過去で簡素化された文)

Si vede molto bene come l’imperfetto, più semplice e diretto, possa sostituire senza particolari problemi il congiuntivo trapassato e il condizionale composto nel periodo ipotetico dell’irrealtà. Ho volutamente usato il femminile nella frase per mostrare come alcuni dettagli vengano a mancare con l’imperfetto, privo di genere.

Chi legge romanzi italiani contemporanei si sarà certamente accorto della semplificazione del periodo ipotetico, anche nella lingua scritta.

いくつかの複雑な文法の組み合わせを半過去で表現する簡素化は揺るぎないものとなっています。例えば上記で挙げた “passato irreale”の例文を正しい文法で叙述するとこのようになります。

正確な文法では過去の事実に反する仮定には【接続法大過去 (congiuntivo trapassato),条件法過去 (condizionale passato)】が使われますがご覧のように半過去を使うことでより簡単に、ダイレクトに内容が伝わります。
またより正確な文法で叙述したこの例文ではあえて主語を女性名詞にしています。こうすることにより半過去を使うことにより簡素化はできるけれども主語の性などの情報が欠損してしまうということを示すことができます。

イタリア語の現代小説を読む人はおそらく仮定文の叙述が文語でもなされている場合があることに気付いていることでしょう。

Stesso discorso vale per il “futuro nel passato” che, come sappiamo, dovrebbe essere espresso con il condizionale composto:

  • Ha detto che sarebbe venuta alle cinque.

La frase “Ha detto che veniva…” è corretta? Diciamo che è accettabile e accettata. Sicuramente è molto comune. Anche qui sparisce il femminile, ma poco importa se sappiamo già di chi stiamo parlando.

また”futuro nel passato” について、ご存知のとおりこの表現は条件法過去で叙述されるのが正確です。では半過去を使った “Ha detto che veniva…” は正しいのか? …答えは受諾できる、つまりイタリア語文法としてアリだということです。
ここでもより正確な文法で叙述しないことで主語の性という情報が半過去にすることにより消えてしまいます。とはいえ会話によって誰について話しているのか分かっているのでそんなに重要ではなくなりますが。

Un’ultima considerazione. Molti studenti alle prime armi usano solo l’imperfetto nelle descrizioni ambientate nel passato, sbagliando, perché gli è stato spiegato che questa è la funzione dell’imperfetto. Dipende dalla situazione. Ricordate che se la descrizione riguarda eventi completi, “perfetti”, dobbiamo usare il passato prossimo, il trapassato o il passato remoto.

  • I cuochi avevano preparato un bellissimo buffet e tutti hanno mangiato con piacere.

Questo non è un elenco completo delle possibilità dell’imperfetto.

最後に皆さんにお伝えしたいことはこちら。多くの生徒さんは『過去の状況・様態をするときには半過去を使う』と習ってしまうため何でもかんでも半過去を使うようになってしまいます。しかし状況によって異なります。
押さえておきたいポイント、”完了”している出来事においては近過去、大過去、または遠過去を使わなければなりません。
例文のように完了した過去においてはそれぞれ大過去、そして近過去が使われます。


Possiamo discuterne a lezione. Il quiz contiene frasi “sgrammaticate” che si usano nell’italiano parlato. Dovete segnarle come corrette. Se usate un cellulare, mettetelo in orizzontale per leggere meglio le domande.

Alla prossima!

口語を含めた半過去の用法、是非オンラインレッスンでもっと詳しく話しましょう。このブログクイズには日常会話のイタリア語では使われている”文法的に完璧でない”フレーズを含んでいます。この表現のように文法的には完璧ではなくても口語的にアリの表現は”正解”として選んでください。
このブログをスマホで読んでいる方はタブレットを横向きにするとより閲覧しやすいかもしれないので試してください。

それではまた!


Loading...


Giovanni Boldini – Ritratto di Lady Colin Campbell – 1894

0 0 評価
このブログの評価は❓
Photo of author
Mariko & Riccardo
留学経験や豊富なイタリア語教授経験を活かし、小さなスクールならではのアットホームで個々のニーズに対応したサービス提供をモットーとする。 無類の猫好き、そして美味しいものが大好きでイタリアや日本の食文化をこよなく愛する。最近は食への探求心から家庭菜園でズッキーニやちょっと珍しいトマトを栽培中

20ユニット

少人数制でイタリア語

Corso per principianti A0
イタリア語入門A0コース

受講希望申込期間中

2022年10月24日まで


オンラインによる自習とネイティブ講師によるZoomライブグループレッスン。このコースは20ユニットから構成されイタリア語を初めて学習する上で必要な基礎知識について学びます。アルファベットや発音、簡単な挨拶、自己紹介、ショッピングやレストランでの注文、目的地となる美術館などを尋ねて街を散策できるようになる語学力を身に付けます。ネイティブ講師とのライブレッスン付きなので実践的なイタリア語を始められます。


登録
更新通知を受け取る
guest

0 全てのコメント
Inline Feedbacks
View all comments
Don`t copy text!
0
コメントをどうぞ!x