イタリア語の発音- Podcast付イタリア語入門-#3

Podcast付の入門講座第3回目-イタリア語の発音

 今回は語学の核ともいえるイタリア語のアルファベットと発音について紹介。ネイティブが話す正しい発音をよく聞いてリピートしましょう。

イタリア語のアルファベット(イタリア語でalfabeto)は英語のアルファベットとほとんど同じです。しかし英語のアルファベットが26文字あるのに対しイタリア語は全部で21文字。これら21文字に含まれない j, k, w, x, yから始まる単語は外来語になります。

イタリア語の発音(イタリア語で pronuncia) は母音【a,e,i,o,u】がはっきりしており単語もほとんどローマ字読みをすれば良いので発音に関しては日本人にとっては非常に話しやすく聞きやすい言語です。日本人の苦手な発音は『 L 』と『 R』の違いと『 B 』と『 V』の違い。特に『 L 』と『 R』は日本語でいう同じ《ラ行》になるため日本人からすると同じように聞こえてしまいます。『 L 』は舌先を上の歯茎に押し付ける感じで発音するのに対し、『 R』は巻き舌で発音します。巻き舌が苦手な人は柄悪く少し怒った感じでラ行を発音してみてください。

その他いくつか注意を要する発音があるので紹介します。

イタリア語のアルファベット

A – B – C – D – E – F – G – H – I – L – M – N – O – P  – Q – R – S – T – U – V- Z

外来語のアルファベット

J – K – W – X – Y

外来語のアルファベットの5つはイタリア語オリジナルの言語にはありません。
これらのアルファベットは taxi, jeans, kiwi ・・・等といった外国由来の言語に使われています。

発音する上での変わり者の文字は子音の『 H 』。『 H 』は単語中に表記されていても発音しなく “acca muta”=”無声のH”と呼ばれています。例えば 《私が持っている》という意味の動詞 ” ho “ は 【オ】 と発音します。

子音 “C”

  • CA – CE – CI – CO – CU – CHE – CHI

CAMICIA (シャツ) – LUCE (照明、光) – CITTA’ (町) – COLTELLO (ナイフ)- CUCINA (台所) – FORCHETTA (フォーク) – CHIAVE (鍵)

子音”G”

  • GA – GE – GI – GO – GU – GHE – GHI

GATTO (猫) – GELATO (ジェラート) – GITA (小旅行) – GONNA (スカート) – GUANTI (手袋) – SPAGHETTI(スパゲッティ) – GHIACCIO (氷)

 

子音 “S + C”の組み合わせ

  • SCA – SCE – SCI – SCO – SCU – SCHE – SCHI

PESCA (桃) – PESCE (魚) – SCIMMIA (猿) – SCOPA (ホウキ) – SCUOLA (学校) – MASCHERA (仮面、マスク) – MASCHIO (男性)

その他の発音

FAMIGLIA (家族) – CASTAGNA (栗) – RAMARRO (ヨーロッパミドリトカゲ)

【GLI】は日本語にない音なのでカタカナ表記をするのは難しいのですがギの音に近い【リ】, 【GN】はニャ行、 そして【R】は巻き舌で発音し、子音が2つ重なるときはつまる音(=促音)になります。

 PODCAST付フリーイタリア語入門講習は全部で20シリーズを予定しています。次回もお楽しみに!

Skypeでのオンラインレッスンでは無料トライアルレッスンを行っています。ネイティブイタリア人講師から使えるイタリア語を習得してください。日本人スタッフのサポートもありますので入門~初級レベルの方も気軽にお問い合わせください。ライブレッスンでお会いできるのを楽しみにしています。

イタリア語学習のきっかけは、イタリア人男性との結婚、移住による生活のためです。 リッカルド先生は結婚式に必要な訳の・・・続く
M.Tさん 生徒さんの声

最近のブログ

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
OR
ニュースレター自動受信登録して続きを読む
登録済みの方はページを再読込みすると表示されます
logo-un-layer-pieno