Italian quiz

あなたのイタリア語は

クイズに答えて ネイティブ講師に学ぶ

 

Skype-logo-S-forte

SkypeTM レッスンゲット

 

イタリア語レベルは...

ビギナー中級者上級者

直火式エスプレッソメーカー
イタリア語ではmacchinetta/caffettiera/Mokaと呼ばれる

日本でもすっかりお馴染になったエスプレッソ。初めてエスプレッソを頼んだ時あまりに量が少なくて驚きませんでしたか?イタリアでは「caffe’」とバールで頼むと当たり前のごとくエスプレッソのことを意味します。 バールではバリスタがエスプレッソマシーンを使って素早く美味しいエスプレッソを用意してくれますが家庭では直火式のエスプレッソメーカーが主流です。イタリア語では「macchinetta マッキネッタ」「caffettiera カフェッティエーラ」または「Moka モカ」といえばこのエスプレッソメーカーを意味します。macchinettaは1933年にイタリア人のAlfonso Bialettiによって発明されました。そうあの有名な髭オヤジが目印のBIALETTIの創始者です。髭オヤジはAlfonsoの息子であるRenato Bialettiがモデルとか。

Moka-200x250-1
Moka-200x250-2
Moka-200x250-3

エスプレッソの入れ方は一般的には同じですが、それぞれの家庭でこだわりがあります。私が以前お世話になったイタリアの家庭では「カフェの粉はしっかり敷き詰めること。それから終わった後のMokaは決して洗剤では洗わないこと」というのが決まりでした。そうとは知らず、初めて食器洗いのお手伝いをし、Mokaを洗剤でゴシゴシ洗ったときは怒られました・・・(>_<) 洗剤で洗うと適度に覆われたカフェの油分が取れてしまいMokaから抽出される美味しいエスプレッソの味わいがなくなるからだそうです。 イタリアにいったら彼らがどんなこだわりを持っているか聞いてみるもの美味しいエスプレッソを入れるコツ。

イタリアのエスプレッソの醍醐味はやはりバールで味わうことですが家庭でも色々なエスプレッソを楽しむことができます。例えばカフェインなしのdecaffeinato(デッカッフェイナート)といわれるものも存在します。このカフェイン抜きのdecaffeinatoは1905年にドイツ人が発明しました。カフェイン抜きですが今ではかなり味も洗練され普通のエスプレッソに近くなりとても美味しく頂けます。

直火式エスプレッソメーカーを使って楽しめるエスプレッソ代用品がまだあります。Orzo(オルツォ)と呼ばれるものです。Orzoは大麦のことです。このorzoにはカフェインが含まれておらずミネラルが豊富なので健康食品として好まれています。製品にも寄りますがorzoの粉をMoka等の直火式エスプレッソメーカーに詰める場合は通常よりも少ない量で入れるよう注意書きがあるので気をつけましょう。

dante-learningではSkypeによるe-ラーニングを行っています。自宅からのアクセスなので忙しい人も続けられる。経験豊かなネイティブ講師があなたに合ったレッスンプランを提案します。イタリア語が全く始めての入門から上級レベルまで対応。日本人スタッフもいるのでどうぞお気軽にご連絡ください。無料トライアルレッスンをお試しください。
イタリア語学習のきっかけは、イタリア人男性との結婚、移住による生活のためです。 リッカルド先生は結婚式に必要な訳の・・・続く
M.Tさん 生徒さんの声

最近のブログ

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
OR
ニュースレター自動受信登録して続きを読む
登録済みの方はページを再読込みすると表示されます
logo-un-layer-pieno